協会に所属するグルメハンターのプロフィール

グルメハンター協会(以下、GH協会)は日本全国に人知れず埋もれている美味しい逸品を発掘し、広く世に広めていくために結成されました。
協会員であるグルメハンターは業務としてグルメに携わり、地域の料理や食材に造詣が深い4人の専門家で構成されています。
グルメハンターは全国を飛び回って、美味しい品を探し出し、この場を通じて皆さんに紹介していきます。

審査の基準について

GH協会で紹介している全てのグルメは協会員4人による厳しい審査を通過した逸品です。審査は基本である商品の美味しさの他に、
素材の安全性、加工時の衛生環境、コストパフォーマンス、希少価値や地域性、そして作り手の情熱などを基準としています。
現地に行かなければ手に入りにくい美味しくて安全な品をドンドン発掘していくのが我々の使命だと考えています。

石橋画像|グルメハンター協会   石橋敦子  (協会長
 フードプランナー・ソム リエール
 専門:乳製品、ワイン
 重視:安心安全、素材の 質
レストランにて料理、ワインの経験を経て独立。 専門学校や料理教室で料理、ワインの講師として活躍。 「カトル・エピス」を主宰し自宅で料理教室を行い、料理の撮影、レシピの提案なども行う。 東京ガス エコ・クッキング講師を務め食育にも携わる。 現在、1児の母として子育てに励みながら、食に関わる仕事を再開中。

フランス・イタリア料理の料理教室は簡単なのに美味しく、おもてなしにも使えると大好評。 イタリア・フランスが大好きで特にパリには足しげく通い、食にまつわる旅のエピソードも興味深いと好評を得ている。

協会グルメの認定にあたって重視するのは、まずは安全であること。そして、美味しいのはもちろん、作り手の情熱を大切にする。
 橋本祐介 (事務担当) 橋本画像|グルメハンター協会
 グルメジャーナリスト
 専門:お取り寄せ品、地 域食材
 重視:希少価値、地域性
大 学卒業後に永田町霞ヶ関周辺で某国家公務員となり、立法関係の仕事に就く。5年の勤務後に退官し、政治とグルメを専門とするジャーナリストとなり、多くの 雑誌やグルメ本の作成に携わる。平成21年には株式会社すずかオフィスを設立。コンサルタント業務の中で食に関する企画も数多く手がける。

仕事やプライベートで全国を回り、日本全県を2周している経験から、地域グルメに特に深い造詣がある。現在も仕事の合間に全国の美味美食を追い続ける生粋 のグルメハンターでもある。

協会グルメの認定にあたって特に重視するのは、その地域にしかないという希少価値と、その地域の歴史がどれだけ反映されているかという地域性。
荒井画像|グルメハンター協会  荒井禎雄 (映像担当)
 フリーライター・プラン ナー
 専門:乳製品、スパイ ス、エスニック料理
 重視:コストパフォーマ ンス・職人技術
出 身地の東京都板橋区を愛するあまり ”板橋専門ブロガー” として活動し、果てには板橋区をテーマにした書籍まで執筆。 フリーライターとしてインターネット・社会問題・言論問題などを扱う一方で、妙に力のこもった板橋区の飲食店レポートを趣味として書き続けている。 現在は東 京ブレイキングニュースにて著名な執筆陣と並んで骨太な記事を連載中。

得 意技は地元に住んでいる外国人に教えて貰ったエスニック料理で、スパイスの扱いに関してはバングラデシュ人やネパール人に褒めて貰えるレベル。趣味が料理 なので、認定員として特に重視するのはコストパフォーマンス。 また取材対象としての興味から職人技術にも注視している。
 IZUMI (レシピ開 発担当) IZUMI画像|グルメハンター協会
 フードコーディネー ター・ライター
 専門:魚介類、乾物
 重視:安心安全、調理の 幅
二人のやんちゃ息子を持つママ兼料理人。調理師学校卒業後、
料理研究家&ワインアドバイザーのアシスタントを経てフリーとなる。TVや雑誌でのフードコーディネートや執筆のほか、レストランのメニュー作成など、食 に関する活動をマルチに行っている。

その専門分野は幅広く、オイスターマイスター、SSI認定・きき酒師、江戸ソバリエ、キッズキッチンインストラクターなどの資格も保有する生粋のグルメハ ンターだ。

協会グルメの認定にあたって重視するのは何と言っても安全性!でも、 美味しくなくっちゃ意味がない。そして、食には遊び心も大事だと思っています。